奇形になる原因とは?

2010年度の奇形児の出生頻度は2.31%でした。これは実に100人の妊婦に対して2~3人の奇形児が出生しているという結果になります。


政府が発表する、毎年の出生率は下がっているのに対して、奇形児出生率は毎年上がってきているのです。この結果には、何かしら現代女性の問題が潜んでいるのではないかと思いました。
それで、色々と調べていくうちに、このような奇形児が生まれる原因の一つとして「母体疾患」という言葉を耳にしました。

母体疾患とは、主に、栄養不足、葉酸不足、糖尿病などが原因で起こる疾患です。

奇形はいつ起こる

もし葉酸が不足したら奇形はいつ頃から胎児に起こるのでしょうか?
まず、受精してから2週間胚芽期と言われる時期がありますが、このころにはまだ先天性奇形は生じていません。


3週間から8週間くらいの間に、受精卵は細胞分裂をして、体の内臓や細かい臓器もできます。この時期にもし【葉酸】が足りていないと先天性の奇形が起こると言われています。

ですから、3週間目以降からは特に気を付けて葉酸を摂取しないといけません。

奇形を予防するためには葉酸が必要

妊娠中には葉酸の摂取が必要な事は多くの妊婦さんが知っていることだと思いますが、実は妊娠中だけではなく、妊活中から葉酸の摂取を心がけた方がよいと言われています。
これは妊娠したからと言ってすぐに葉酸の摂取をしても間に合わない場合もあるためです。

では葉酸が妊婦や、胎児にどのような影響を与えるのか詳しくお話をしていきましょう。

先天性異常と染色体異常になるのは葉酸不足の原因

染色体異常は、ダウン症、無脳症、などの障害をいい、先天性異常は手足の奇形、体の一部がない事などの障害の事をいいます。

主な原因として言われているのが染色体の異常から起こると言われていますが、その他には、妊娠中の抗生物質や、喫煙、葉酸不足が要因となる事もあります。

ですから、胎児の時に奇形になる因子を予防できれば、健康な赤ちゃんに出会えるのです。

明らかになった奇形と葉酸の関係性

今までの研究ではこの2つは全く別の症状で関係性も認められていませんでしたが、昨今の研究で直接的な関係が初めて認められたのです。


今まで多くの著名人からは「葉酸で染色体異常は防ぐことが出来ない、葉酸とダウン症は無関係だ」と言われてきました。
しかし、2003年これを全く覆す結果が【医学誌ランセット】で発表されたのです。


つまり、先天性異常を防止すると言われてきた、葉酸が染色体の異常にまで効果を発揮することがわかったのです。
葉酸は両親のDNAを正常にコピーして赤ちゃんに伝える効果もあります。このような事からも染色体の異常や、先天性異常に効果があると言われるのは納得ができます。


これは本当に驚くべきことで、多くの妊婦さんやこれから赤ちゃんを産もうと考えている女性達にとっても覚えておくべき重要な事だと言えます。

胎児にとって一番大事な時期妊娠初期

妊娠初期、母体には安静と胎児への栄養のある食事が胎児の成長にとても大切になってきます。この時期に無理な運動や重たいものを持ったり、栄養の偏った食事をすると赤ちゃんに多大な影響がでます。


このような大事な時期に赤ちゃんの成長の為に妊婦さんに必ず摂取してもらいたい栄養素が葉酸です。
多くの妊婦さんはサプリメントで摂取しているのですが、葉酸サプリには血液の生成や、細胞分裂細胞の成長や発育に欠かせない栄養素が多く含まれているのです。
だから胎児が細胞分裂をして、色々な臓器を作るこの妊娠初期の時期に葉酸を摂取することは胎児にとってとても大事な事なのです。

厚生労働省は妊娠初期の妊婦さんには400㎍の摂取を推奨しています。

妊娠したら葉酸サプリを

そこで妊娠したら葉酸を摂取しましょうと、厚生労働省や、保健所、産婦人科で度々言われていますが、これは奇形のリスクを減らすことや、赤ちゃんの栄養面をサポートする役割があるのです。

先天性奇形とは、主に【ダウン症】【唇裂】【無脳症】や双子や三つ子がくっついて産まれてくることを言います。



これらの先天性奇形を防ぐことができる栄養素が葉酸で厚生労働省が推進している量は1日に400㎍です。
葉酸には弱った細胞を元気にしたり生成する働きがあるので、毎日必要な量を摂取することで奇形になるリスクが大幅に減ることに繋がるのでしょう。
葉酸の性質上、食生活からの摂取が難しいので葉酸はサプリメントから摂取するのがいいでしょう。
なぜかと言いますと、つわり時に匂いで敏感でなかなか食事から摂ろうとしても、匂いが敏感になり、普通の食事がとれなくなります。



妊娠初期にだけ必要なものだと思われている葉酸ですが、決してそうではありません。葉酸は、実は妊娠中から授乳期にまで長い期間必要なものなのです。

まず、妊娠中においては早産、胎児発育不全、常位胎盤早期剥離、妊娠校血症などの合併症のリスクを少なくする効果があるのです。


また授乳期においても、良質な母乳を作り赤ちゃんの成長を助けてくれるのです。

葉酸で奇形になる確率は70%減る

葉酸を摂取した女性は、葉酸を摂取しなかった女性に比べると実に70%もの割合で奇形になる確率を軽減できることが調査によってわかりました。

諸外国では早くから、妊娠を希望する女性には葉酸の摂取を義務つけていますが、日本はまだまだ遅れている印象を受けます。
2000年頃からやっと葉酸の摂取が推奨されてきました。

私がおすすめするのは美的ヌーボ

私が妊娠中の葉酸の必要性に気づいて、友人から勧められたサプリメントは「美的ヌーボ」でした。

これは、サプリメント自体の飲みやすさや、金銭的にもそれほど高くない事から妊娠中継続するのもあまり苦にはなりませんでした。何よりお腹の赤ちゃんにとって、安全で、安心して使用でいることが一番良かったです。

商品名 美的ヌーボ
葉酸 天然葉酸
定価 5980円(税込)
内容量 1個120錠入り
1日目安量 4錠
特典・お得なコース 1袋定期便7560円6048円
美的セット(美的ヌーボ+美的ハーブ)8500円

各商品の口コミを参考にして美的ヌーボがどれだけ良いのか確認しましょう!

参考サイト→美的ヌーボの口コミについてはこちら
PAGE TOP